• ホーム
  • 信州大学の家庭教師に札幌大学レベル?性別の関係は?

信州大学の家庭教師に札幌大学レベル?性別の関係は?

塾と比較して、家庭教師から勉強を教えてもらうメリットは、個人レッスンになるので、わからないことなどを直接質問して教えてもらうことができることです。
塾の場合でも積極的に講師に質問できる人は良いでしょうが、それを苦手としている人は、個人レッスンのほうがやりやすいことでしょう。
また費用の面でも塾のように1教科あたりいくらというような価格設定ではなく、交渉によって決まることが多いのもメリットと言えるでしょう。
しかし、デメリットもあります。それは塾の講師と比べて家庭教師の先生は大学生などが多く、教えるノウハウを持っていないということです。
これが大きな問題となります。受験情報についても、予備校のような最新の情報を持っておらず、模擬試験などを行って実力を知ることもできません。
また、個室で1対1となるので、先生の性別も重要になってきます。
さらに、家庭教師の学力も気になるところです。
たとえば、長野県であれば、家庭教師は信州大学の学生が多くなりますが、生徒は札幌大学のような信州大学よりもレベルが高い大学を受験したいと希望していた場合、家庭教師のレベルを上回る学力が必要となるわけです。
これは塾の講師の場合も同じです。
しかし、教えることと、知っていることとは違います。東大生であったとしても、必ずしも教えることに長けているというわけではありません。
勉強のやる気を起こさせることが上手いとか、教えるのが上手いということと、自分が知っているということとは別なのです。
もちろん、最終的に本人のやる気次第で、それは塾であろうと家庭教師であろうと同じです。
本人が真剣に、目標を目指して勉強をする姿勢になれば良い結果が開かれることでしょう。

人気記事一覧